[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都の大晦日 大徳寺納豆 のお菓子

大徳寺の除夜の鐘

除夜の鐘
イメージです

大徳寺は禅の総本山

京都市バスで、大徳寺前で下車すると、大徳寺納豆で有名な大徳寺にいくことができます。私、この寺は、ひとつだけだと思っていたのですが、沢山の禅寺が集まっている広大な場所でした。広くて、とても見ごたえがあります。20以上の禅寺が集まっている、総本山だったのです。

この大徳寺に、大晦日に訪れたのは、数年前。雪が降っていました。

鐘を打つ前に正月がきた

除夜の鐘がつけたのは、狩野派の絵で有名な、大仙院近くだったような…。(あやふやな記憶でスイマセン!)大勢の人が集まり、大行列ができていました。しかし、雪の中で、新年を迎え、みんな嬉しそう。私が鐘を打つ前に新年がきてしまい、皆々が、携帯で「おめでとう!」のメールや、電話でにぎやかです。禅寺の荘厳な雰囲気の中で迎える正月は、喜びひとしおでした。

←作務衣を着て、働いていた、修行僧の方たちは、みんな、雪の中も裸足に草履。手も足もひび割れとアカギレで真っ赤でした。きっと日々修行に専念されているのでしょうね。でも、修行僧の人たちはみんな笑顔でした。

お酒がふるまわれた

鐘をつくのを待っている行列の間、おいしいお酒がみんなに配られました。

ほろ酔い気分で、寒さも吹き飛びます。

豆のお守り?が貰えました

鐘をうつと、大きな空豆みたいなマメを真っ白に塗ったものが貰えました。 ???。さすが、大徳寺納豆の土地。お守り納豆なんでしょうか?

しばらく飾っていましたが、1年後に塗料がはげたら、茶色の豆でした。

あれは、どういうものだったのでしょう?ちゃんと聞いておけばよかったです。

楽天で買える「大徳寺納豆」のお菓子
Yahoo!で買える「大徳寺納豆」のお菓子
2006年12月20日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス